需要が高まる保証サービス

女性

連帯保証人を会社が用意

賃貸保証会社について、とりわけ基礎知識として知っておきたい点を挙げていくと、まずその仕組みについてです。借主に代わって連帯保証人を提供するサービスを賃貸保証会社は扱っています。賃貸物件を経営する際のリスクの1つが、入居者が病気や怪我、失踪などによって賃料の支払いが途絶えることです。そういった場合は連帯保証人に滞納家賃を請求しますが、その連帯保証人が支払いに必ずしも応じるとは限りません。そこで賃貸保証会社が間に入り、事前の契約に基づいて家賃を貸主である大家に支払う仕組みです。もう1つ押さえておきたい賃貸保証会社の基礎知識が、保証料についてです。保証料は扱う会社や物件によってまちまちですが、家賃の数カ月分や数万円程度の固定額を支払うといった形態があります。2年ごとの更新時にも同様に追加の保証料を支払うのが一般的です。さらに保証料の支払いを受け持つのは大家が全額負担するケースもあれば、入居者と折半したりといったケースもあり、こちらもまちまちです。次に賃貸保証会社の活用例ですが、大家側にとっては入居率の向上を考えている場合にも有益なサービスです。なぜなら高齢者世帯や一人住まいの増加もあって、連帯保証人を付けられない入居希望者が増えているためです。連帯保証人を賃貸保証会社から提供してもらうことで、集客効果を高めてより魅力ある物件として貸し出せます。外国人居住者にも需要が高いサービスであり、賃貸保証会社のニーズは高まっています。