不動産を効率的に管理

PCを使用する人

賃貸物件の自主管理に必須

株やFX・債券など投資の方法にもいろいろな種類がある中で、不動産投資は高利回りが期待できる手法として人気を集めています。マンションなどの集合住宅を購入して家賃収入を得るのが最も利回りの高い投資手法ですが、集合住宅の場合はさまざまな管理業務が生じるものです。通常は管理会社と契約を結ぶことによって管理業務を委託し、自身はオーナーとして家賃収入を得るのが普通です。その場合は家賃収入の中から数%が管理費として差し引かれるため、実質利回りはそれだけ低くなってしまいます。不動産投資で高収入を得ている人の中には、家賃の入金管理といった業務を管理会社に委託せず自主管理している例も少なくありません。クレーム対応や客付けと言われる仲介業務などは不動産会社を利用し、その手数料だけを支払えば管理会社を利用するよりも管理費を圧縮できます。家賃管理などは不動産管理システムを導入することで効率化が可能なため、大幅な負担増とはならないものです。不動産管理システムには不動産会社が使っているような多機能のシステムもありますが、利用目的に応じて必要な機能が選べる製品も多くあります。こうした自主管理に不動産管理システムを利用する際には、家賃の入金管理といった最低限の機能に絞った形で導入すればコストを低くできるのです。最近では安価な月額料金で利用できるクラウド型の不動産管理システムも登場しており、契約者情報や物件情報の管理にも対応できるようになりました。このような管理業務は表計算ソフトでも不可能ではありませんが、管理する物件の数が多くなると対応しきれなくなってくるものです。不動産管理システムは家賃管理や物件管理といった業務に特化した設計がされているため、管理業務の負担が大幅に軽減される点で優位性が認められます。高利回りを実現させる賃貸物件の自主管理には、管理業務を効率化させるための不動産管理システムが必須なのです。

節税を意識しよう

模型

不動産投資は相続の時にも有効です。なぜならば、賃貸物件を評価する場合には、時価や売買価格と異なる計算方法があるからです。このことをうまく利用すれば、総資産を圧縮して、次の世代に資産を残していくことができます。

長期的な資産運用に

メンズ

収益物件とは家賃収入を得る目的で購入する物件のことである。資産運用の手段として、安定していて効果が大きいのがメリットである。大阪には多くの収益物件がある。選ぶときは立地、収益性、将来性に注意して選ぶとよい。

需要が高まる保証サービス

女性

賃貸保証会社の知っておきたい基礎知識に、借主に代わって連帯保証人になってくれる仕組みのため家賃滞納のリスクを無くせます。また保証料はまちまちで、支払いを担当するのも大家や入居者だったりとケースバイケースです。ニーズが高まっているサービスのため、入居率の向上を考えた活用例としても有効です。